年齢別ナンパ

20代女性狙いのナンパ術!事前準備から声掛けテクニックまで解説

20代狙いのナンパの方法

出会いがないからナンパと考えたけれど全然成果で出ないという男性の皆さん、ナンパを成功させるにはコツがあります。

ナンパ成功率が高い男性はマニュアルに沿って行動しているからこそ、数多くの女性と知り合うことができているのです。

数撃てばそのうち成功するかもでは、いつまで経っても結果はついてきません。

20代女性をナンパしたいのなら、相応のテクニックを使うことにより成功率をアップさせることができます。

どんな言葉をかければいいのか、どこに行けばナンパしやすい女性が見つかるのか、ポイントはいろいろですがコツさえつかめば簡単。

ソウタ
ソウタ
すぐにでも実践可能なテクニックを紹介するので、20代女性狙いのナンパを考えている男性は必読です!
ミノル
ミノル
30代女性へのナンパ40代女性へのナンパ方法も紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

20代の女性との出会いが見つからない理由は?

20代女性と出会えない理由
今現在20代の女性との出会いを見つけられないことには必ず理由が隠れています。

理由さえ分かってしまえば攻略法を見つけ出すことができるので、まずは20代の女性との出会いが見つからない理由をはっきりさせましょう。

社会人になったばっかりで仕事が忙しい

20代は社会人としてはまだ半人前でプライベートが疎かになりやすい年代です。

家と職場との往復が日課の女性も少なくないため、積極的に出会いを求める心理になれないことも珍しくありません。

出会いを求めていない女性と知り合えるケースには偶然を期待する他ないので、結果的に20代女性との出会いが見つからないことになります。

しかしその偶然を引き寄せる方法がナンパでもあるため、忙しい20代女性とも仲良くなれるチャンスはあります。

職場に恋愛対象がいない

職場恋愛は定番ですが都合よく恋愛対象になる20代の女性が身近にいることは稀です。

職場の環境や男女比には個人差があることも確かですが、20代女性の数が多ければいいという話ではないのが難しいところ。

ミノル
ミノル
好みでなければ恋愛対象にならなくても当然なので、女性と接点はあるけれど出会いは見つからないというパターン。

長く過ごす場所に恋愛対象となる20代の女性がいなければ、出会いが見つからないという気持ちになるのは自然な流れです。

学生時代の友達と疎遠になる

働き始めれば新しい付き合いが増え、学生時代の友達と連絡を取り合って遊びに行く予定も立てづらくなってしまいます。

そのうち暇ができたら連絡をしようと思っている間にタイミングを逃してしまい、今さら連絡をする理由を失ってしまうのが20代の特徴。

友達と疎遠になると行動機会の損失にもなるため、一人家で過ごす時間が増え出会いが見つからないという理由に繋がっていきます。

ソウタ
ソウタ
心の中では新しい出会いを求めていることの多いタイプです。

ナンパは警戒されるが一発逆転の出会い方法

ナンパの成功率はイケメンでも10%に満たないと言われていることには、はっきりとした理由があります。

キャッチや勧誘などナンパに見せかけた悪質な声掛け、腕をつかまれたり道をふさがれたりといった恐怖体験をしたことのある女性が多いからです。

ミノル
ミノル
マナーのないナンパ師のせいで警戒されるのは辛いところ。
この点に関しては仕方ないと割り切る他ありません。

それでもナンパをする男性が後を絶たないのは、一発逆転の出会い方法として可能性を秘めている点にあります。

上手くいけば初対面で自分好みの女性とその日のうちに恋人になれることもあるので、出会いが見つからない男性は賭けてみるだけの価値があるのです。

ナンパで20代の女性を狙うメリットとデメリット

ナンパで20代の女性を狙うメリットとデメリット
20代の女子に限定したナンパを予定しているのなら、20代女性ならではのメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

何も知らずにナンパをするのとでは結果が大違いになるので、よく覚えておくと役にたてられます。

20代女子を狙うメリット

20代のは女性はまだ独身が多く、新しい出会いを求めている割合が他の年代よりも多くなっています。

またSNSやインターネットに慣れ親しんだ世代でもあるので、ネットを通した繋がりへの抵抗が少なく連絡先の交換もしやすいです。

ノリの軽いタイプも珍しくなく盛り上がればその日のうちにホテルOKな子もいて、ヤリ目のナンパでも成功する可能性がある点も魅力的。

ソウタ
ソウタ
男性側のナンパ目的に合わせて幅広く狙える点は最大のメリット。

20代女子を狙うデメリット

20代の女性の中にはビックリするほどナンパされ慣れている女性が一定数存在しています。

ナンパされ慣れている女性は見た目がいいからつい声掛けしたくなるのですが、無視をされる確率が段違いに高くほとんど成功しません。

ナンパされ慣れていることを悪用して、タダで遊ぶために何の気持ちもなく声掛けにOKする女性もいるのでさらに質が悪いです。

ミノル
ミノル
散々奢らされたあげくに、連絡先の交換もできずに終わるのが一番最低のパターン。

20代の女性に気に入られる為のナンパ事前準備

ナンパは見ず知らずの相手に声をかけて仲良くなろうとする行為なので、第一印象の良さが成功のカギになります。

第一印象で気に入られなくては始まらないので、20代の女性には何がうけるのかをリサーチして事前に準備しましょう。

シンプルな服装がベスト

ナンパするならシンプルな服装がおすすめ
ナンパの際に女性から最初に見られるのは顔と服装です。

顔は髭や髪型を整える他にできることがありませんが、服装は20代女性にうけのいいものを用意できます。

オシャレすぎても良くないため清潔感がありシンプルな服装にしておくことがベター。

ソウタ
ソウタ
派手すぎる色使いのものや、主張の強いアクセサリーは避けた方が無難です。

ナンパ相手の服装の趣味は知りようがないので、広範囲に好感をもたれるよう心がけた方が成功率アップに繋がります。

初心者は2人でナンパがおすすめ

ナンパ初心者は2人でいくのがオススメ
初心者に友達を誘って2人で声かけをした方が成功しやすいです。

『カラオケ行くんだけど一緒にどう』などと自然な形で誘いやすく、キャッチや怪しい勧誘ではと疑われるリスクも軽減できます。

ですが2人以上でのナンパは怖い印象を与えてしまう恐れもあるため、声をかける際の人数は2人までに絞った方がいいでしょう。

20代の女性相手なら下心を隠し、信頼されることを念頭に

20代の女性をナンパしたいと考える時点で、下半身に直結する欲望はどうしたってついてくるものです。

しかし下心丸出しのナンパを歓迎する女性はいないので、下心は一切見せないように振る舞う必要があります。

ソウタ
ソウタ
せっかく声掛けが上手くいってもヤリ目と思われてしまったら全てが水の泡。

心の中で何を考えていようと表に出さないように努めて、相手からの信頼を勝ち取ることを一番の目的としましょう。

信頼のおけない男性とホテルに行こうと思う女性はいないので、本音の部分ではセックスが目的であっても気づかれない言動が重要。

がっついている様子は見せず、LINEの交換などから徐々にでも仲良くなりたいんだとアピールしていきましょう。

20代の女性をゲットするためのナンパスポット

20代女子をナンパするオススメスポット
20代の女性をナンパをするのには適した場所、ナンパスポットと呼ばれるエリアは各地に存在します。

どこでナンパをするかの場所決めで成功の半分は決まるので、成功しやすいと思われるスポットを選んで実践しましょう。

渋谷や新宿など有名なナンパスポットは難易度が高い

渋谷や新宿には20代の女性がたくさん歩いていますがナンパの難易度が高く初心者には向いていません。

腕に自信のあるナンパ師がたくさんいるので、女性の数のわりにチャンスにはなかなか恵まれないのが実情です。

ミノル
ミノル
ナンパされ慣れしている女性が多いことも特徴で、100人に声をかけた結果100人に無視をされたといったケースさえあります。

ナンパ慣れしてから腕試しに挑戦するにはいいですが初心者の間は避けた方が時間のムダになりません。

サバゲーフィールドはナンパのハードルが下がる

サバゲー好きな20代の女性は意外なほど多く、隠れた出会いの場として密かに注目を集めています。

趣味として楽しむ女性が多いので、ちょっとした知識を入れてから参加すると話題に困る心配はありません。

ミノル
ミノル
ストリートナンパと違い食事タイムなどに座って話をすることもできるので成功へのハードルはかなり下がります。

共通の趣味があることを活用すればLINEの交換もしやすく、次も一緒に参加しようなどと誘うための導線もスムーズです。

相席ラウンジは一対一でじっくり話ができる

相席ラウンジでは基本的に女性は無料での飲食ができるため、それを目的に訪れている20代女性と知り合えるチャンスがあります。

ソウタ
ソウタ
ナンパを成功させて食事に誘うという第一段階を飛ばしてスタートできる点がメリット。

話が合えばラウンジを出て遊びに誘ったり、とりあえずLINEの交換だけでもと相手に合わせて柔軟に動けます。

ナンパ失敗で誰とも話もできず家に帰ることになる最悪のパターンは避けられるので、初心者にピッタリのスポットです。

ナイトクラブでは休憩中の女子に話しかける

クラブはナンパスポットの定番の一つですが、声をかけるタイミング次第で成功率が変わってきます。

盛り上がっている最中に声をかけても無視をされたり、場合怒らせてしまうこともあるので声掛けは休憩中がベスト。

飲みものでもおごるよと言って話かければ断られる可能性は低く、ゆっくり話をする時間を作ることもできます。

しかし盛り上がれば盛り上がるほどクラブからの移動が難しくなるので、連絡先の交換を目的とした方がいいでしょう。

出会い系サイトだとネットナンパが可能

出会い系サイトを利用すれば家にいながら、365日24時間いつでもネットナンパをすることができます。

ネットナンパなら直接声をかけるわけではないので初心者でも実践しやすく、サイト内で好みのタイプを検索できる点も便利です。

ミノル
ミノル
近所に熱いナンパスポットがない男性でも問題なくナンパができる点でも優秀なので、最近は出会い系サイトに限定したナンパ師も登場しています。

出会い系サイトは20代の女性に利用者が多い点も見逃せません。

第一印象を良くするための最初の声掛けテクニック

ナンパで第一印象を良くする方法
ナンパでは最初にどんな言葉をかけるかにより、相手に立ち止まってもらえるかの確率が変わってきます。

第一印象で不信感を持たれてしまったらその場で終了になるので、間違えのない声かけを実践していきましょう。

第一声は『こんにちは』『すみません』

ナンパの第一声は無難に『こんにちは』か『すみません』にしておくことが間違いありません。

ソウタ
ソウタ
立ち止まって欲しいからと意味の分かりにくい言葉をかけるのはNGで不信感や恐怖感を与えるだけの結果になってしまいます。

『こんにちは』や『すみません』と似た意味だからといって、『おい』や『待て』などと乱暴な感じのする言葉もNGです。

紳士的に接することはマナーなので、優しく相手の迷惑にならないよう声掛けを心がけましょう。

道を尋ねる形式のナンパ

昔からよく使われているテンプレ的な声掛けパターンですが、有効だからこそテンプレの一つとして現在まで数多くのナンパ師に使われています。

立ち止まってくれる可能性が高い方法なので無視が続いた後などに実践したくなります。

注意点としては道を教えてもらって終わりになりやすい面があるので、話をいかに続けられるかのテクニックを求められる点があります。

ミノル
ミノル
実践するなら先の話の展開をあらかじめ考えておいた方が後で困りません。

声掛け後は答えやすい質問で会話をつなげる

ありがちな失敗として自分がどうしたいかだけを伝えて反応を待ってしまう例があります。

初対面の相手から自分がどうしたいかを言われて喜ぶ女性はいないので答えやすい質問を先に用意しておくことが重要です。

ソウタ
ソウタ
『何してるの』『どこ行くの』など答えにくい可能性のある質問よりも、バッグを褒めて買ったお店を尋ねてみるなどの方が有効。

個人情報に繋がらないことは答えやすく、持ち物を褒められているので嫌な気持ちにさせる心配もありません。

20代の女性を落とすためのナンパ会話術

20代ナンパで役立つ会話術
ナンパの成功は声掛けに対して立ち止まってもらうことではなく、その先のデートや連絡先の交換にあります。

女性にもっと仲良くしたいと思わせられて初めて成功と呼べるので会話術を学んでおきましょう。

楽しませる会話ネタを用意しておく

ネタ帳を用意しておくぐらいの前準備こそが、絶対に成功するナンパ会話術には必要です。

相手の情報を知らない状態で会話を弾ませるのは簡単ではないので、20代の女性にうけの良さそうな話題の事前リサーチが重要になります。

テンプレ的な話題でも問題はないので、内容が弾みやすく話題を繋げやすい事柄に絞って考えるとネタが膨らませやすいです。

ミノル
ミノル
無難なのはファッションやお笑いで、ギャンブルやお酒関係のネタは避けた方が確かです。

20代女性なら恋愛や仕事の愚痴を中心に聞く

20代女性ならではの悩みを真剣に聞いてあげることにより、信頼感を勝ち取ることができるようになります。

恋愛や仕事に対して愚痴が一つもない女性はいないと考えても間違いではないので、きっかけを振れば必ず話が展開していきます。

ただ愚痴を言いたいだけの場合がほとんどなので、余計なアドバイスをしたりしないでじっと聞き続ける姿勢が重要です。

自分の愚痴話をしっかり聞いてくれたという事実に対して女性からの信頼感がアップします。

楽しい会話だけだと友達止まり

会話が弾むのはいいことですが、楽しいばかりが先にたってしまうと友達から進展できず終わってしまうおそれがあります。

特に20代の女性はその傾向が強く見られるため、女性として意識しているんだとアピールしていく言動も大切です。

最も効果的なのは容姿を褒めることですが、わざとらしいと逆効果になりかねないので自然な会話の流れで褒めるのが理想的。

ソウタ
ソウタ
少しでもドキッとさせられればいいので相手の喜びそうなポイントを探っておきましょう。

『かわいい』ではなく『タイプ』で褒める

かわいいと言ったところで全ての女性が喜ぶわけではありません。

男性が本心から言っていても素直に受け取らない女性はいますし、言われ慣れ過ぎていて響かない女性もいます。

褒める際にはもっとその女性特有のポイントを見つけ出して、何を褒められたら喜ぶかのタイプを見極めてから褒めることが有効です。

ミノル
ミノル
髪型やファッションのセンスなどはもちろん、しぐさや言葉遣いも有効なのでちゃんと見ているんだと伝わるように褒めましょう。

会話が盛り上がったら連絡先交換は間違い

会話が盛り上がったら連絡先の交換OKという考え方は勘違いなので気を付けましょう。

連絡先の交換は次に会うためにするものであってメル友になるためにするわけではありません。

ますはもう一度会いたいことを伝えて、そのための手段として連絡先の交換が必要になるというのが正しい流れです。

ソウタ
ソウタ
連絡先の交換を渋るようならTwitterなどのアカウントを聞いて、フォローをするという形であれば比較的にOKになりやすくなっています。