年齢別ナンパ

30代の女性と出会う為のナンパ!声掛けテクニックやスポット情報を紹介

30代女性ナンパの方法

ナンパはある程度ターゲットを絞って行った方が効率が良いです。

大多数をターゲットにしていると好みの女性も逃がしてしまうことがあります。

30代女性は10代や20代のナンパとは違って現実的。

男性を見る目も厳しくなっているのでナンパをするのは難しいと思われがちですが、実はそんなこともありません。

ソウタ
ソウタ
コツさえ掴めば声をかけても嫌がられることも少なくなり、ナンパ成功率も高くなります。

どんなナンパ方法が良いか・ナンパの事前準備・ナンパスポット・声掛けテクニックなどを紹介していきます。

30代の女性との出会いが見つからない理由は?

30代の女性との出会いが難しい理由
「30代女性との出会いがない」という男性は多いです。

その理由を知るには、まず30代女性の恋愛状況を理解しましょう。

ミノル
ミノル
気持ちを理解するのはナンパを成功させる第一歩。

恋愛は二の次の女性が多い

10代は恋愛に夢中になる年代で20代は恋愛や趣味、遊びなど幅広く興味がある年代。

30代になると恋愛よりも他のことに夢中になっていることが多いです。

30代にもなると仕事で重要なポジションについていることも多く、後輩指導やプロジェクトを任されるなんてことも。

金銭的に余裕もあるので趣味に打ち込み、自分磨きをする人もいます。

人生の価値観が変わるときでもあるので恋愛よりも楽しいと感じる何かをもっているケースが目立ちます。

異性を紹介する友達が減る

恋愛の出会いの始まりは色々ありますが友達の紹介で出会うというケースもあります。

しかし30代になると友達も恋愛に夢中になっている人が減ります。

結婚している友人も多くなり、「友達からの紹介」ということが極端に減ってきます。

ソウタ
ソウタ
中には「友達が全員結婚した」という人も。

結婚すると異性の友達も減り、新しい繋がりをつくる機会も少なくなります。

それぞれ自分の生活が中心になり、新しい出会いも求めなくなって紹介するという機会も減ります。

恋愛への理想が高くなっている

30代になると恋愛への理想が高くなりがち。

20代のときは「顔が好みのタイプかどうか」「話していると楽しいかどうか」などであっても、恋愛経験をしていく内に判定が厳しくなります。

顔は普通でいいけど清潔で愛想がよくて、でも几帳面すぎずある程度の収入があって…など男性に求めるものが増えていきます。

理想が高いと恋愛は難しく、「どうせタイプの人とは出会えない」と諦めモードになり、出会いを求めなくなっていきます。

ソウタ
ソウタ
このように様々な要因で恋愛関して一歩引いているというのが30代女性の特徴。

30代の女性と出会う方法としてナンパは有効的

30代女性は恋愛が人生の1番ではなくなった人も多いですが、それでも男性から好意を寄せられるのは嫌な気はしません。

恋愛に全く興味がないということではないので男性から声をかけられると付いていく、連絡先を交換することも充分にあります。

成功するかどうかはテクニック次第ですが、好みのタイプの女性がいたら遠慮なく声をかけていきましょう。

ナンパで30代女子を狙うメリットとデメリット

30代女性ナンパのメリットとデメリット
では具体的に30代女性をナンパをするメリット・デメリットを見ていきましょう。

ナンパは手っ取り早く出会うことができますが、30代女性ならではのメリットやデメリットがありますから頭に入れておきましょう。

30代女子を狙うメリット

メリットは、

  • ライバルが少ないこと
  • 好みのタイプではないときはハッキリ断る

以上の2つです。

若いとモテやすいのでどうしてもライバルが多くなりがち。

30代であればライバルが減るのでナンパもしやすく、声をかける回数が増えるので成功率も高くなりやすいです。

また好みのタイプの男性ではない場合、ハッキリと断る傾向があります。

ミノル
ミノル
無駄にダラダラとその場で喋り、もったいつけて1回のナンパに時間がかかる…ということも少ないので帰って効率が良かったりします。

30代女子を狙うデメリット

デメリットは、

  • 結婚していることが多い
  • 警戒心が強い

という2つになります。

30代になると結婚している人も増えるので、声をかけても相手にしてもらえないことがあります。

ソウタ
ソウタ
「ナンパが嫌い」「急いでいる」という人もいるので、冷たく断られることも。

特に容姿の良い30代女性は若いときからナンパに慣れているのでタイプではない男性の場合、無視するなど冷たくあしらわれたりします。

30代の女性に気に入られる為のナンパ事前準備

なんでもそうですが行き当たりばったりよりも準備しておいた方が成功しやすくなります。

30代女性は男性を見る目がシビアですから、しっかり準備を整えてから実行するようにしましょう。

「そんなところまで?」というくらいチェックされています。

大人っぽさorシンプルな服装

ナンパの為の大人っぽい服装
30代女性に人気の服装は大人っぽい服装やシンプルな服装です。

ミノル
ミノル
Tシャツにダメージジーンズ、派手な髪型、アクセサリーをジャラジャラつけるなどの服装は敬遠されがち。

全体的に清潔感をだしながら派手すぎないようにしましょう。

おすすめな服装のポイントは、

  • シャツコーデやカジュアルなジャケット。
  • 色は3つ以内でまとめる
  • 小物も個性的すぎないこと
  • 靴も手を抜かず、キレイにしておく

以上のポイントを意識してみましょう。

ソウタ
ソウタ
女性は靴の汚れ具合も良く見ているのでキレイなものを履くようにしてください。

髭や爪は整える

ナンパの為に髪や爪を整えよう
女性は男性の清潔感を重要視します。

30代になると20代よりもその傾向が強くなるので、髭や爪は必ず整えるようにしましょう。

ソウタ
ソウタ
剃り残しのある髭、無精髭、伸びて汚い爪はNG。

綺麗な服を着ていてもだらしなくて不潔な印象になります。

髭好きな女性も多いのでしっかり整えて間違っても爪の中が汚れている…なんてことはないようにして下さい。

「夜にナンパするから爪は見られることはない」と思うかもしれませんが女性はよく見ています。

30代の女性には素直に接するのが良く、駆け引きはNG

男性の中には「女性を落とすテクニック」をもっている人もいます。

褒めすぎるのではなく上げて落とす、あえて女性を突き放す言動をするなど。

しかし30代女性にはそういった駆け引きは逆効果になることも多いです。

それなりに恋愛をしてきているので男性がする駆け引きは既に経験済み。

ミノル
ミノル
計算もバレやすく「ベタな手をつかう人だなあ」なんて思われているかもしれませんし、駆け引きをすると「面倒で手のかかる人」と思われてしまうことも。

30代女性をナンパするときは素直が一番で、印象も良くなりますから妙な駆け引きはせずそのままアタックしましょう。

30代の女性をゲットするためのナンパスポット

30代ナンパのオススメスポット
ストリートナンパをするなら有名なナンパスポットなど色々とあります。

30代女性との出会いを成功させやすい場所を紹介していきます。

自分の性格も考えて場所選びをしていってください。

有名なナンパスポットは難易度が高いので辞めておく

ナンパをするときまずは有名な場所に行くことが多いですが、有名なナンパスポットは避けておいた方が無難。

ライバルも多く、自分が声をかけたい女性に声をかけられない可能性もあります。

そういった場所でナンパすると「いつもナンパしている人」と思われてしまいますよ。

近くに住んでいる人であれば有名なナンパスポットは知っています。

女好きと思われてしまいますし、30代女性は警戒心が強いので軽そうな男性は敬遠しやすいです。

相席ラウンジは安定して出会える

相席ラウンジは男女の出会いを提供する場所。

お店に来店しているのは、出会いを求めている人ばかりですから話が早いです。

ソウタ
ソウタ
好みのタイプの女性といつでも出会えるというわけではありませんが、安定感があります。

料金も高くはありませんし、好みでない場合はチェンジすることも可能。

お互いに出会いを求めているので警戒心も少なく連絡先交換もしやすくなります。

一人で行けるバーでの声掛け

一人でのナンパに抵抗がある人もいるでしょうが、30代女性を狙うならバーでナンパするのもおすすめ。

仕事終わりにバーに寄る女性もいますし、バーは独特の雰囲気があるので女性もその場の空気に流されやすくなります。

ミノル
ミノル
「普段はナンパは絶対にお断り」というお堅い女性でも、お酒を飲んでいるのでナンパが成功する可能性も出てきます。

女性が一人で来ているということは常連の可能性も高く、慣れている場所なので警戒心も少なくなります。

出会い系サイトだと30代女性に絞ってネットナンパができる

出会い系サイトは年齢を絞って検索できるので便利です。

ソウタ
ソウタ
ストナンやお店でのナンパは勇気がいりますがネットなので気楽。

30代女性は出会いも減り、友達からの紹介も減ってくるのでネットを使って出会いを探している人もいます。

地域や女性のタイプも絞って検索できますし、プロフィールを見ればどんな女性なのかだいたい分かります。

パートナーがいる可能性も低く、リスクなく30代女性だけをピックアップすることができます。

失敗しない最初の声掛けテクニック

30代女性ナンパの声掛け方法
ノリに任せてナンパする男性もいますが、30代女性が相手だと通じないことがあります。

「失礼な人」と思われてしまうこともありますし、最初の声掛けで印象が決まるといっても過言ではありません。

最初は『こんにちは』や『すみません』から

ナンパするときはまずは挨拶からしていきましょう。

最初に挨拶をするのは直接ナンパをするときもそうですし、お店で出会った場合やネットを使った場合でも常識です。

30代女性は常識のある男性を好みます。

いきなり初対面で「なにしてるの?遊ぼうよ」といった軽いノリで声をかけると相手にされない可能性が高いです。

ミノル
ミノル
「すみません。ちょっといいですか?」「こんにちは。今忙しいですか?」など、まずは挨拶から入るようにしましょう。

声掛けの後の質問は答えやすい形式で

女性に声をかけるときは答えやすい内容にするのが鉄則。

まずは挨拶をしてその後に、簡単に答えられる質問をしていきましょう。

ソウタ
ソウタ
例えば「これから遊びに行きませんか?」「時間あります?」など言うと、返答に困るので女性も黙ってしまうこともあります。

そのまま無視されるということになるので答えやすい質問がおすすめ。

「こんにちは。友達と待ち合わせですか?」「こんばんは。仕事終わりですか?」など頭を働かせなくても良い質問をしていきましょう。

道順を聞きながらのナンパもあり

声のかけ方が分からない場合、道に迷っているフリをして女性に声をかけるのも有効な手法です。

その場合はナンパと悟られないように「すみません。〇〇に行きたいんですけど」と間髪入れずに目的地を告げましょう。

あまり近場だと簡単な説明で終わってしまうので、少し離れた複雑な所にある目的地を考えておくことが大事。

ソウタ
ソウタ
何度か道順を聞き、近くまで付いてきてくれるように誘導する、迷ったときのためにと電話番号を聞くのもおすすめです。

30代の女性へのナンパを成功させる話の振り方

30代女性ナンパの話題の振り方
ノリやその場の雰囲気でナンパ成功することもありますが、30代女性には会話のテクニックを駆使することが重要です。

それだけでも成功率がグンと上がります。

占いネタや会話ネタを用意すると便利

全く興味のない話、知らない話をされるとほとんどの人は全く楽しくなくなります。

逆に自分がよく知っているネタ、興味のあるネタだと話しやすく盛り上がります。

ミノル
ミノル
例えば占い・旅行・映画・漫画・グルメなど。

女性であればその中のどれか1つは好きであることが多いですから、それぞれ会話ネタを仕入れておきましょう。

最新の情報も良いですが30代の人がよく知っている当時流行ったもののネタもおすすめ。

一度考えておけば、使いまわせるのでナンパする上で便利になります。

『かわいい』は使わずタイプで容姿を褒める

女性を褒めるときは「かわいい」と言えば良いと思っている男性もいます。

しかしそれが通じるのは20代までです。

単に「かわいい」というと嘘っぽくもあり、適当な感じがするのでもう少し具体的に「何が良いのか」を伝えて具体性ももたせた方が良いです。

例えば「清楚で透明感があって素敵」「キャリアウーマン系の良い女」など、タイプで容姿を褒めていきましょう。

具体性があることで、上辺感は薄れるので非常に効果的。

『女性として見てます』シグナルを出す

女性は、女性として扱われると嬉しい気持ちになります。

女性として扱ってくれる男性のことは異性として意識するので「女性として見ている」ということをさりげなく伝えましょう。

ソウタ
ソウタ
言葉で言うと敬遠されてしまうこともあるので、あくまでシグナルを出すのがコツ。

ナンパ中に酔っ払いが通ったら女性をさりげなく遠ざける、車道側は男性が立つなど女性をエスコートする素振りを見せていきましょう。

30代女性ならキャリアや婚活の話もあり

20代女性はオシャレやグルメなどの話しか興味のない人もいますが、30代女性ならキャリアや婚活の話もアリです。

いきなり話すと違和感があるので、うまく会話をつないでいきましょう。

ソウタ
ソウタ
例えば「プロジェクトを任されてるから少しの間連絡できないけど連絡先きいてもいい?」「婚活してるけど全然ダメなんだよね…」など。

長々と話すとくどいのでサッと話し、女性がそのネタに興味がありそうだったら女性にも質問するなどして会話を続けていきましょう。

連絡先交換にも理由をつける

連絡先を知りたい場合、何かしらの理由をつけると成功しやすくなります。

「周辺のおすすめのお店を教えてほしい」「共通の趣味がある人が周りにいないから趣味友達になってほしい」など。

ミノル
ミノル
その他、仕事を理由にして聞くのもアリ。

美容師の場合はカットモデルになって欲しい、化粧品会社の人は女性の意見が聞きたいなど。

「連絡先を教えると軽いと思われる…」と考えている人も多いので、女性が教えやすいように理由をつける方が連絡先交換をしやすくなります。