人別ナンパ

大学生へのナンパを成功させる方法!成功率を上げる方法やNGパターンを紹介

大学生へのナンパを成功させる方法!施工率を上げる方法やNGパターンを紹介

ナンパをしたいと考えている人の中には、どうせならば若い女子大生をナンパしたいと考えている人もいるでしょう。

ソウタ
ソウタ
女子大生は若いから同じ世代の男性としか遊ばないと思っている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ナンパスポットとして有名な場所を歩いていると女子大生であろう姿も良く見られるので、狙うチャンスもたくさんあります。

ですが女子大生のナンパを成功させるのは、ただ何となく声をかけるだけでは難しいです。

そこで今回は女子大生をナンパする時に知っておくべき女子大生の生態や出会える場所、声のかけ方などの情報を紹介していきます。

ミノル
ミノル
女子大生をナンパしたいと考えている人は、事前に確認してからナンパに臨みましょう。

今時の女子大生の恋愛観&生態

今時の女子大生の恋愛観&生態
女性をナンパする際には、相手が恋愛についてどのように考えているかを知っておくことが重要です。

それによって女性への接し方も考えなければいけません。

そこでまずは今どきの女子大生の恋愛観や生態について紹介していきます。

恋愛のモチベは高くない

今どきの女子大生は、昔ほど恋愛に対してのモチベーションが高くありません。

そのため何よりも恋愛を大事にし、とにかく誰かと付き合いたいと思うことはありません。

ミノル
ミノル
これは恋愛以外にもお金がかからない遊びなどが増えたことや働く女性が増え、結婚することが第一に考えられなくなったためです。
ソウタ
ソウタ
これはオタク女子などどんな女性の属性だろうと同じ感じです。
現代人の特徴と言えるかも。

また恋愛の相手には落ち着いた男性を求めることも増えています。

そのため一昔前に好まれていた、常に女性よりも一歩前を歩くような男性も好まれなくなっています。

理想の相手は求めている

前述のように今どきの女子大生は恋愛に対するモチベーションがあまり高くありません。

ですが恋愛をしたくないと思っているわけではなく、自分の理想の相手がいれば恋愛をしたいと思っています。

第7回青少年の性行動全国調査では、女子大生の約半数にはセックスの経験が無いという結果も出ています。

そのため結婚を考える恋愛をしたいわけではないけれども、セックスの経験はしておきたいと考えている女性も少なくありません。

ですがそれも誰でも良いわけではなく、自分の理想の男性を相手にしたいと考えています。

社会人的な常識はまだまだ

女子大生はアルバイトなどをしていることは多いものの、社会人のように実際に社会に働きに出ているわけではありません。

社会人的な常識はまだ身に付けていません。

ソウタ
ソウタ
そのため女子大生をナンパする時に社会的な常識のある対応を求めてしまうと話が合わなかったり、失敗に繋がってしまう可能性もあります。

ですが女子大生が触れ合うことが多い同世代の男子大学生も同様なので、社会的な常識を身に付けている男性は大人に感じ、魅力的に見えることもあります。

出会いには困っていない

大人になって社会に出ると、出会いの機会は減ってしまいます。

ですが女子大生はそうではありません。

ミノル
ミノル
女子大でない限り同じ大学内に多くの男性がいますし、飲み会や遊びに行く機会も多いので男性との出会いのチャンスは非常に多いです。

そのため、出会いがなかなかないのでナンパも成功しやすくなるOLなどの社会に出ている女性をナンパするのとは違います。

出会いの機会が多い女子大生は魅力的な男性にナンパされない限り、話を聞いてくれないことも少なくありません。

常に金欠気味

女子大生は社会人のように働きに出ているわけではありません。

アルバイトなどをしているものの、出費の機会も多いので金欠な女性が多いです。

そのため今どきの女子大生はお金のかからない娯楽や遊びを求めていることが多いです。

金欠のことが多い女子大生をナンパして食事の費用などを求めてしまうと、そのままナンパの失敗に直結してしまう可能性があります。

ソウタ
ソウタ
女子大生をナンパする場合には男性がお金を出したり、金欠ではなかなか行けない店に連れて行くのが効果的です。

おしゃれ&新しい物好き

女子大生は毎日私服で大学に行かなければいけません。

大学には他の女性も多いので、常に人に見られることを意識していなければいけません。

そのため、ファッションに力を入れていておしゃれ好きであったり、新しいものが好きということが多いです。

そんな女子大生をナンパする際には男性側もおしゃれに気を使ったり、新しいものに対する話題を知っておかなければいけません。

それらに気を使っていないと、ナンパをしても相手にされない可能性が高くなるので注意しましょう。

女子大生はどこで出会いを作る?

女子大生はどこで出会いを作る?
女子大生をナンパしたいと考えた場合に、どんな場でナンパするチャンスがあるかも気になることでしょう。

当然女子大生と出会えるチャンスが多い場を利用れば、ナンパできる可能性も高くなります。

そこでここからは、女子大生が出会いを作ることが多い場を紹介します。

定番はサークルやアルバイトなど

女子大生が男性との出会いを見つける場として最も一般的なのが、サークルやアルバイトです。

これらは同年代の男性と出会えることも多く、共通の話題も見つけやすいので出会いの場としてはおすすめです。

特にサークルでは、同じ活動を一緒にすることで男性との仲を自然に深めることができます。

ミノル
ミノル
サークル仲間と旅行などに行ったり、飲み会などでお酒を一緒に飲むことも多いので、仲良くなるチャンスも多いです。

そのため中には男性と仲良くなることを求めてサークルを利用する女性もいます。

マッチングアプリを使っている女子大生が増えている

近年ではマッチングアプリを利用して男性との出会いを探す女子大生も増えています。

マッチングアプリは身元が保証された男性が登録していることも多く、出会いを求めている男女が登録しているので、非常に出会いやすいです。

また女子大生が日常生活を送っている中ではなかなか出会うことができない男性とも出会うことができる可能性があるので、利用している女性も増えています。

そのため女子大生をネットナンパするなら出会い系サイトがオススメ。

パパ活・ギャラ飲みでも出会いは見つかる

男女の新しい出会いの形であるパパ活やギャラ飲みを利用して出会いを探している女性もいます。

ソウタ
ソウタ
パパ活やギャラ飲みは女性と一緒に食事やお酒を楽しむ対価にお小遣いを渡すという形です。

前述のように女子大生には金欠な人も多いので、利用している人も多いのです。

女性に気に入ってもらえば継続的に関係を続けていることができ、そこで仲良くなっていけば、より深い関係になることもできます。

そのため女子大生をナンパするのにもおすすめの場なのです。

女子大学生がナンパを断ってしまう理由

女子大学生がナンパを断ってしまう理由
女子大生をナンパしたいという男性は多いです。

ですが女子大生へのナンパは簡単なものではなく、失敗してしまうことも多いです。

これはライバルが多いだけでなく、他の理由もあります。

そこでここからは、女子大生へのナンパが断られてしまう理由を紹介します。

見知らぬ男性だと警戒する

女子大生には遊び慣れている女性が多いというイメージを持っている人もいるでしょう。

ですが女性は知らない男性から突然声をかけられると、「何かされるのではないか」といった気持ちを抱き、相手を警戒してしまいます。

その結果ナンパをしても話を聞いてもらえず、すぐに断られてしまうのです。

これは若い女子大生はより顕著です。

そのため最初の声掛けで強引に声をかけたり、しつこく声をかけてしまうと、警戒されやすく、失敗する可能性が高くなります。

ナンパ男性がそもそも無理

女子大生は出会いを求めていたり、男性から誘われたいと思っていると考えている人もいるでしょう。

ですがそれは一部の女性の話で、ナンパする男性はそもそも無理と考えている女性も少なくありません。

当然そのような女性にナンパをしてしまうと、第一印象が最悪になってしまい、ナンパの成功率は大きく下がります。

ミノル
ミノル
女子大生をナンパする場合には、ナンパということをあまり押し出さないように爽やかに声をかけるようにしましょう。

外見や話し方から変な人だと思われた

ナンパをする男性の中には相手の印象に残りたいからといって、特徴的な服装や話し方を意識する人もいます。

ですがこれらは逆効果になってしまうことも多いです。

ソウタ
ソウタ
代わった服装や話し方をする男性は確かに印象には残りますが、それは悪い意味でです。

特に初対面から変わった服装や話し方の人は危険な人だと思われてしまい、警戒心を抱かれ、話も聞いてもらえない可能性が高いので注意しましょう。

女子大学生へのナンパ成功率が上がる声掛けのタイミング

女子大学生へのナンパ成功率が上がる声掛けのタイミング
女性をナンパしたい場合、世代やタイプによってどんなタイミングで声を変えればよいかが異なります。

そのため女性に合わせたタイミングでナンパをしなければいけません。

ここからは女子大生をナンパする際にオススメなタイミングを紹介していきます。

夏休みは狙い目

大学は高校までとは違い、夏休みが2カ月近くあります。

そのため夏休みになると時間を持て余してしまい、新しい刺激を求めている女子大生が多くなります。

ソウタ
ソウタ
同じように春休みも長いですが、中には就職や引っ越しのために忙しいという女子大生も増えるので、あまりおすすめできません。

夏休みの時期に一人で暇そうに歩いている女性を見つけたら、ナンパしてみると成功率は高くなるでしょう。

ですが夏休みだからといって、強引なナンパは避けましょう。

友達と一緒にいる

1人でいる時に男性からいきなり声をかけられると、警戒してしまう女性は多いです。

そのため友人と一緒にいる女性に声をかけると、一人ではないということで警戒心も緩みやすいです。

この時には男性側も同じ人数だと、そのまま遊びにも行きやすいでしょう。

ミノル
ミノル
なお複数でいる女性に声をかけた場合には、狙っている女性だけではなく、全員と連絡先を交換すると下心もわかりにくくなります。

隠れて連絡先を交換しても、グループ内で情報が共有されることも多いので注意しましょう。

本屋での声掛け

女子大生をナンパするのならば、実は本屋もおすすめです。

本屋で立ち読みをしている女性ならば、ナンパの成功率も高くなります。

忙しい女性は本屋に来たとしても、まずゆっくりと立ち読みはしません。

そのため立ち読みをしているということは、時間を持て余している女性である可能性が高くなるのです。

ソウタ
ソウタ
なお小説や漫画を見ている女性よりも、雑誌や本屋に備え付けの雑貨コーナーで時間を潰している女性の方が話題を膨らませやすいでしょう。

相手の専攻を聞く

大学生をナンパする時に、学年などを聞くことも多いです。

ですがそれはありきたりすぎて女性もつまらなく感じてしまいますし、話も膨らませづらいです。

そのため女子大生をナンパする時には、大学生だということを聞いた後に専攻を聞くのがおすすめです。

相手が何を勉強しているかに合わせて話をすることができます。

また女子大生の中には自分が勉強していることにプライドを持っていることも少なくありません。

そんな人に対して勉強していることを褒めることで、好印象を与えることができます。

女子大学生をナンパするときのNGパターン

女子大学生をナンパするときのNGパターン
女子大生は若くて遊び慣れている人も多いから、ナンパの仕方にもあまり注意しなくてよいと考えている人もいます。

ですが決してそんなことはありません。

ミノル
ミノル
ナンパする際には相手から好印象を抱かれなければいけないので、してはいけないこともいくつかあります。

ここからは女子大生のナンパでNGな行為について紹介します。

いきなりタメ口

女子大生を相手にナンパをする場合、年上の女性をナンパする時に比べて礼儀を気にしない人も多いです。

ですが女子大生のナンパでも礼儀を忘れてはいけません。

特に多いのが、最初に声をかける際にタメ口で話しかけてしまうことです。

女子大生が関わることが多い大人である大学の教授も近年は敬語で話しかけるということが多いです。

そのためナンパする男性がいきなりタメ口で話しかけてしまうと、悪い印象を与えてしまうことが多いです。

当然そのような場合にはナンパの成功率も下がってしまいます。

バイト帰りの声掛け

夜に女子大生をナンパしたい場合には、アルバイト終わりの女性を狙うこともあります。

ですがこれはおすすめできません。

ミノル
ミノル
仕事帰りには疲れていて、余計なことはしたくないという社会人もいますが、これは女子大生でも変わりません。

アルバイトだからと思う人もいるでしょうが、女子大生はアルバイトの前に一日大学で勉強しています。

そのためアルバイト終わりには非常に疲れています。

そんな時にナンパをされてしまうと気分が悪くなり、話を聞いてもらえないことも多いです。

奢りは効果無し

女子大生をナンパする際に、奢ってあげるということを前面に出す人がいます。

ですがこれもあまり効果はありません。

確かに女子大生は金欠なことも多いですが、女子大生からすると「ナンパに付き合ってあげたのだから、奢ってもらうのは当たり前」と考えています。

ソウタ
ソウタ
奢ってもらうということが特別なことではないので、特に魅力的にも感じないのです。

そのため奢ることをアピールするならタクシー代を出すことや、普段はいけない店に連れて行くことをアピールするようにしましょう。

道を聞くタイプのナンパ

ナンパをする際の声のかけ方として有名なものに、道を尋ねるというものがあります。

ですがこの方法は女子大生をナンパするのには向いていません。

女子大生は道を尋ねてもスマホなどで調べて、その場で伝えてくれるだけで、実際に案内してくれるということは少ないです。

そのため案内をしてもらい、そのままお礼に食事などをするということもできません。

またスマホで調べることが当たり前なので、人に聞かずに自分で調べればよいと考えてしまうことも少なくありません。

そのためナンパも失敗してしまうのです。

大学の近くでナンパ

女子大生と出会いやすいスポットとして思い浮かべる人も多いのが、大学の周辺です。

女子大生が通学で利用するので、女子大生に会えるチャンスは非常に多いです。

ですが大学周辺はチャンスが多いからといって、成功しやすいわけではないです。

ミノル
ミノル
ナンパに応じたことを知り合いに知られたくないという女性は多いです。

そのため同じ大学に通う学生が多い大学周辺では、ナンパが女性側の知り合いにばれてしまうリスクが高いです。

結果、どれだけ魅力的な男性から声をかけられたとしても、大学周辺では応じてもらえないのです。

ナンパが苦手な人はマッチングアプリを利用しよう

ナンパが苦手な人はマッチングアプリを利用しよう
女子大生をナンパしたいけれども、路上などでいきなり声をかけるのは苦手という人もいるでしょう。

また、断られてしまうのが怖いという人もいます。

そんな人におすすめなのがマッチングアプリです。

マッチングアプリに登録している女性は男性との出会いを求めている女性ばかりです。

ソウタ
ソウタ
そのため『出会いを求めていないからナンパを断られてしまう』ということがありません。

また断られる場合にも直接断られるわけではないので、精神的なダメージも少ないです。

女性の年齢や住んでいる場所だけでなく、趣味などでも検索できるアプリもあるので、それらの機能を使えば、より好みのタイプの女性をナンパすることができるでしょう。

特にナンパ初心者にはおすすめの方法です。