施設別ナンパ

コンビニ店員をナンパでゲット!声の掛け方やコツを紹介

コンビニ店員ナンパを実践

たまたま行ったコンビニでタイプの店員に出会うこともありますよね。

街でのナンパとは違い、居場所が分かっているので長期的にアプローチをすることができます。

しかもコンビニは裏で仕事をすることは少なく、基本的に店内に出ています。

いくらでも声をかけることができますからナンパすることが可能。

ソウタ
ソウタ
ただし相手は仕事中です。
マナーを守りつつ、怖がらせないように声掛けしていくことが大事。
ミノル
ミノル
相手からするといきなり知らない人からナンパされるので、やり方によっては激しく拒絶されることも。

悲しい目に合わないようにテクニックやコツ、事前準備、デメリットも解説してきます。

コンビニ店員へのナンパは長期戦&信頼関係が大事

コンビニナンパや長期戦
コンビニ店員をナンパするときは時間をかけて行いましょう。

好みのタイプを見つけたらすぐに声をかける人もいますが、相手は店員なのでNG。

コンビニなのでまた行くこができますから焦らないようにしましょう。

ソウタ
ソウタ
コンビニは頻繁に通っても違和感がありませんし、「近所の人なんだろうな」と思われる程度。

時間をかけて自分という人間を分かってもらってから声をかけた方が成功率が高くなりやすいです。

ですが自分が働いているときにいきなり異性からナンパされても困ります。

仕事をしている手前断りにくく、全く知らない相手だと女性なので余計に恐怖も感じます。

そうならないよう、時間をかけて信頼関係を作ってから声をかけましょう。

コンビニ店員ナンパの事前準備

コンビニナンパの事前準備
コンビニでナンパするときに必要な準備や心得を書いていきます。

人は最初の印象が大事ですし、準備をするかしないかで成功率が変わってきます。

これから紹介することはコンビニ店員のナンパの基本です。

身だしなみを整える

まずは身だしなみです。

コンビニという場所柄、適当な格好で行く人も多いですが身だしなみは整えておきましょう。

頭はボサボサで寝間着やジャージで行くのが絶対にNG。

普段着で構わないですが、シワのある服は着ないようにして、髪型もセットしておきます。

お金を払う時に見えますから、爪は短く切って清潔にしておくことも大事。

ミノル
ミノル
特別なオシャレは必要ありません。
しかしパッと見て不潔さのない、清潔感のある爽やかな印象になるように心がけましょう。

選ぶコンビニは近場で

店員をナンパするときは近場にしておくのがおすすめ。

ナンパするときは信頼関係が大事になってくるのである程度通う必要がありますから、遠くのコンビニだと通うのが大変です。

近場のコンビニをいくつか周り、ナンパしたい人がいるかどうか探しましょう。

ソウタ
ソウタ
シフトによって出会えないこともあるので昼間だけではなく夕方、夜など3パターンは数日間かけて確認しておくことが大事です。

コンビニ巡りをして、まずはターゲットを探してください。

週1~2回の頻度で通う

ターゲットが見つかったら週に1~2回ほど通うようにしましょう。

まずは自分のことを覚えてもらうことが大事ですから適度に通います。

ただし早く覚えてもらいたいからといっても毎日通うのはNG。

さすがに毎日行くとすぐに覚えてもらうことはできますが、少し違和感があります。

お金もかかりますし、毎日コンビニに言っていると状況によっては「暇な人」「友達がいない人」と思われることも。

ミノル
ミノル
急に毎日来るようになると違和感があるので週に1~2回がベストです。

シフトと買い物の時間を合わせる

ある程度コンビニに通えば、その相手のシフト時間も分かってきます。

コンビニで働く時間はシフト制であることが多く、「昼だけ」「夜だけ」というパターンが多いです。

特定の曜日は朝から夜までなど、通いながら相手のシフトを把握していきましょう。

シフトが分かってきたら、後はその時間帯に通うだけ。

できればその人がレジに立っているときにお会計をするようにします。

ソウタ
ソウタ
毎回ブラックコーヒーを1本だけ買うなどいつも同じような物を買い続ければ、更に覚えてもらいやすくなります。

目を見て感謝

コンビニ店員は、毎日様々な人の接客をしています。

お客さんの中には不愛想な人もいますし、無言で立ち去る人も多いです。

目当ての人と接するときは愛想良くし、会計の後は「ありがとうございます」と言うようにしましょう。

そのとき、目を見てお礼を言うのがおすすめ。

コンビニで会計を済ませたあとにお礼を言う人もいますが、目を見て言う人は少ないです。

ミノル
ミノル
たったそれだけで「良い人」「優しい人」という印象になるので、勇気を出して目を見るようにしてください。

会話時間を作ってスキンシップをとる

お礼を言うだけでも良いですが、それだけだとスキンシップとしては弱いです。

会話をする時間を増やしていきたいので自分から時間を作っていきましょう。

そのためにはクレジットカード決済にする、お弁当などを買うという方法があります。

ソウタ
ソウタ
クレジットカードの場合は、わざとカード探しに手間取るフリをすることもできます。
「あれ?カード…あ、あった。すみません」など。

お弁当などを買えば「温めますか」と聞かれるので、そのときに少しでも会話していきましょう。

いよいよ実践!コンビニ店員に声掛けする方法

ではここから実際にナンパをする方法を紹介していきます。

少しずつステップアップしていくと成功率があがっていくので、順序立てて行っていきましょう。

ミノル
ミノル
段飛ばしでナンパしても良いですが、コンビニ店員の場合は時間をかけることが大事です。

相手の名前を言う

コンビニ店員であれば胸のあたりに名札をつけています。

ある程度通って自分のことを覚えてもらったら、その名札を見て名前を言ってみましょう。

例えば「〇〇さんっていう名前なんですね」など。

ソウタ
ソウタ
珍しい名字であれば「珍しい名字ですね」読めないのであれば「その名字ってなんて読むんですか?あまりない名字ですね」など。

コンビニ店員は色々な人の接客をしますが、お客さんに名前を呼ばれることはあまりありません。

自分の名前を言われると嬉しくもあるので好印象になりやすいです。

一言だけ会話

名前を呼んで店員に話しかけたら、次はもう少し会話していきましょう。

名前を言うと相手も何かしら反応するので、その反応に合せて会話をしていきます。

気まずそうにしていたら「すみません急に。いつもこの時間にいるから勝手に知り合い気分になって笑」など言います。

名前を言ったときの反応がよければその会話に話を合わせていきます。

このときのコツはあまり長く話さず簡単な会話をして早々に立ち去ること。

その方が印象に残りやすいです。

プライベートな質問も混ぜる

会話することに成功したら、またコンビニへ行ったときにプライベートな質問をしてみましょう。

前回の会話をしたときから3~7日ほどに行って話しかけるのがオススメ。

翌日だと早すぎるので、その程度のスパンで再び行きましょう。

店員も覚えているはずなので「また会いましたね」「家はこの近くなんですか?」「こんな夜遅くまで働いてて偉いですね」など話しかけていきます。

ミノル
ミノル
ここまで成功すればもう知り合い以上の関係なのでナンパ成功までもう一息です。

連絡先を渡す

コンビニに行って普通に会話ができるようになったら、次は自分の連絡先を渡しましょう。

すでに信頼関係ができているので、友達感覚で渡せばOK。

ミノル
ミノル
「今度、ご飯でも行こうよ」「これ俺のラインのID。また連絡ちょうだい」など、あくまでフランクに渡すのがコツ。

誰にも見られていないのを確認してからサッと一言添えて渡します。

周りに他のお客さんがいると困らせることになりますし、他の店員が見ていると恥ずかしい思いをさせることもありますから最低限の気をつかいましょう。

コンビニ店員さんと話す際はどうすればいい?

コンビニ店員へ話しかける方法
ナンパをするときは軽いノリで話しかけることが多いですが、コンビニ店員の場合はそれでは警戒されてしまいます。

容姿の良い人であれば頻繁にナンパもされますし、他の人とは違う所をアピールしていきましょう。

丁寧な言葉遣いで話す

話すときは丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

「こんにちは。お疲れ様です」「今日も頑張ってますね」など、最初は敬語を使っていくのがベター。

馴れ馴れしい態度を取られると嫌な印象になりやすいので、嫌われないためにも丁寧に接してください。

ずっと丁寧だと仲良くなれないこともありますから、普通に話せる関係になってから徐々にタメ口を混ぜるようにしていきましょう。

ミノル
ミノル
相手が年下の場合でも最初は敬語を使うのが好感をもたれるコツです。

呼び方は○○さん

名前を呼ぶときは、いくら話しやすそうな雰囲気であっても「〇〇さん」と呼ぶようにしましょう。

いきなり「ちゃん」というのは馴れ馴れしいですし、呼び捨てなんてもってのほか。

ずっと前から狙っていたとしてもまだ友達ではないですし、女性は自分の名前の呼ばれ方にはこだわりがあることも。

ソウタ
ソウタ
ちゃん付けや呼び捨てでも上手くいく場合もありますが、それは稀な例です。

馴れ馴れしい呼び方をすると「いかにもナンパ」という感じがするので相手にされなくなることもあります。

こまめに褒める

褒められて嫌な気がする人はいませんから、自分に好意をもってもらうためにも小まめに褒めるようにしましょう。

ミノル
ミノル
例えば「今日も元気ですね。ここに来ると僕も元気になれます」「いつも頑張ってますね」など。

そういったことを言われると嬉しくなりますし、「自分のことを見てくれている」と思うようになり、意識させることもできます。

容姿を褒めるのも良いですが、容姿を褒めすぎると怪しさも感じるので仕事ぶりなどを褒めるのがおすすめです。

連絡先を渡す際は時間を掛けない

仲良くなって連絡先を渡すときは、時間をかけずにサッと渡すようにしましょう。

あくまで相手は仕事中なので、あまり時間を取らせると迷惑になります。

嬉しくてついベラベラと喋ってしまう人もいますが、相手が笑っていてもすぐに切り上げるようにしましょう。

ニコニコ接してくれていても、心の中では「早くして…忙しいんだけど…」と思われてしまうこともあります。

他の店員やお客さんの目もありますし、そこで時間をかけると「空気を読めない人」と烙印を押されてしまうことになります。

コンビニ店員をナンパするデメリット

コンビニナンパのデメリット
コンビニはいつでも行けますし、常連になりやすい場所です。

直接接するので顔も覚えてもらいやすいですが、メリットばかりではありません。

デメリットもあるということを理解しておきましょう。

ナンパの難易度は高め

スポットごとにナンパの難易度がありますが、その中でもコンビニは難易度が高めです。

長く滞在するお店でもないですし、周りに人がいるのが普通。

目当ての女性店員と2人きりになるのは難しいですし、声をかけるのも勇気がいります。

しかもストリートナンパのように、その場で初めて会って声をかけても高い確率で断れます。

ソウタ
ソウタ
テクニックと時間が必要なので、ごく一般的にはナンパ向きの場所とは言えません。

難易度が高いということを理解して断れる前提くらいの気持ちで行うのがおすすめです。

彼氏持ちも多い

コンビニにいる店員がフリーだとは限りません。

ナンパしたくなるくらい可愛い子であれば、彼氏がいるのは普通のことです。

男性は可愛い子は放っておかないですから、「彼氏がいるかもしれない」ということも頭に入れておきましょう。

かと言って最初に彼氏がいるのかどうかを聞くのは不自然です。

ミノル
ミノル
ある程度話せる中になってから「こんな遅くまで働いて大丈夫?彼氏さんが心配しないの?」などさりげなく言い、ジャブを打ってみましょう。

そのコンビニに行けなくなる

コンビニでのナンパは常連になることが前提なので、自宅近くのコンビニで行うことが多いです。

しかし、ナンパを断られてしまうともうそのコンビニには行けなくなるというデメリットが。

もちろん行っても良いですが気まずいのは自分。

他の店員にも「あの人にナンパされた」など言いふらされている可能性もあります。

たくさんコンビニがあって行けなくなっても困らないというのであれば良いですが、「行けなくなっても良いか」をしっかり考えてから声をかけるようにしましょう。

もう少し楽に彼女が欲しいなら出会い系サイトがオススメ

コンビニナンパより出会い系サイトがオススメ
コンビニ店員をナンパするには順序が大事。

ソウタ
ソウタ
少し時間がかかりますしテクニックも必要になってくるので、簡単にナンパして彼女を作りたいなら出会い系がおすすめ。

コンビニ店員のように仲良くなって信頼関係を作って少しずつ仲良くなって…ということがないのでスムーズに事が運びます。

出会い系だとまともな出会いができないと思っている人もいますが、出会い系は真面目に出会いを探している人もいます。

出会い系は、好みのタイプを検索してターゲットを決め、メッセージのやり取りをして連絡先を交換していくという流れ。

実際に合う前に写真を交換することもできますし、スマホがあればできるので楽です。

ミノル
ミノル
今オススメの出会い系サイトやマッチングアプリをまとめてみました!
ネットナンパに使える人気出会い系サイト一覧
RELATED POST