施設別ナンパ

図書館でナンパは通じる?声掛けテクや注意点を解説

図書館ナンパ

図書館は多くの人が行く公共の場所。

資格の勉強や参考書探し、読書好きの人も多いので真面目な雰囲気がある場所ですよね。

ミノル
ミノル
いかにもナンパに向いていなさそうですが実はナンパも可能なんです。
ソウタ
ソウタ
ただし、場所が場所なだけにナンパするときは注意が必要です。

図書館には毎週通う人もいますし、声をかけて知り合うこともできます。

普段のノリで声をかけると「変な人」と思われることもありますし、周りの人に迷惑がられてしまうこともあります。

ここでは声をかけるときのテクニックを中心に、メリットや注意点も紹介していきます。

ミノル
ミノル
せっかくの出会いを無駄にしないように「図書館でのナンパ方法」についてを知っておきましょう。

図書館での出会いに憧れている人は多い

図書館ナンパは意外に成功しやすい
誰しもが一度は漫画などで「図書館で出会う男女」を見たことがあるかと思います。

ベタなシーンではありますが、ナンパらしくない自然なシチュエーションなので憧れる人も多いです。

  • 本を取ろうとして手が触れ合う
  • 同じ本を取ろうとして譲り合う
  • 高い所の本が取れなくて困っていると男性が取ってくれる

あくまで偶然なのでお互いに運命も感じやすいですし、漫画のような展開なのでドキドキさせることもできます。

お互いに図書館に行くという時点で共通の趣味や生活習慣がありますし、図書館に行く人は真面目な人という印象を与えられます。

ソウタ
ソウタ
「軽いナンパはお断り」という人でも誘いに乗りやすいです。

図書館に通う内に顔見知りになることもできますから、出会い自体が爽やかなので抵抗感が少ないです。

図書館で通じるナンパの声掛けテクニック

図書館ナンパで使えるテク
図書館はストリートナンパバーでのナンパとは全く状況が異なります。

ミノル
ミノル
基本的に静かにする場所なので、いつのようなナンパはNG。

警戒されにくく実践しやすい、図書館でしか使えないテクニックを紹介していきます。

近くでペンを落としてみる

図書館ではみんな本を探したり、本を読んだり、勉強をしたりしています。

気になる人はいれば、その人の前でペンを落としてみましょう。

図書館なのでペンを持っているのはごく自然。

ペンが落ちれば拾ってくれ、自分に目を向けてくれる可能性があります。

拾ってくれなくてもペンが落ちると音がするのでこちらを見てくれます。

ミノル
ミノル
目を見て「すみません」など一言かけるキッカケも生まれます。

そこから相手の読んでいる本についての話に繋げたり出来るので一番最初のジャブとしてはありです。

本の場所を聞く

気になる人がいれば、その人に直接本の場所を聞いてみましょう。

テーブルに座って本を読んでいるときに聞くと不自然さもあるので、できれば相手が本を探しているときがおすすめ。

「〇〇の本探してるんですけどどこにあるか分かりませんか?」など困った雰囲気を出して声をかけましょう。

親切な人なら本の場所まで案内してくれますし、場所を知らないと言われてもキッカケ作りになります。

ソウタ
ソウタ
相手が本を持っていれば「あ…その本興味あるんです」など話しかけることも出来ます。

オススメの本を紹介してみる

当然ですが、図書館にいる人は基本的に本が好きです。

その人を遠目から観察するなどしてどんなジャンルの本を読んでいるかチェックし、おすすめの本を紹介しましょう。

いきなり話しかけるのは勇気がいりますが、「その本〇〇ですよね。私も興味があるんですよ。この本も面白いので読んでみてください」など。

本当の目的はナンパでも相手はナンパとは思いません。

ただの本に興味がある人・親切な人という印象になりますし、同じ趣味があるので打ち解けやすくなります。

ミノル
ミノル
相手の読んでいる本がニッチだとより効果の高い声掛けの方法です。

同じテーブルで同じ本を読む

声をかけたい人を見つけたら、まずは何を読んでいるか少し遠目からチェックしましょう。

どの本を読んでいるか分かったら偶然を装って、同じテーブルで同じ本を読むのがおすすめ。

ソウタ
ソウタ
あまりアピールしすぎると不自然なので、あくまで自然な素振りで行ってください。

最初から相手が気づいてくれることありません。

ある程度時間が経ったところで気づくように視線をやり「同じ本ですね」と爽やかに話しかけるのが基本パターン。

同じ本がないのであれば、同じシリーズや続きの本を読むようにしましょう。

図書館ナンパの声掛けまとめ
  • 近くでペンを落として話のキッカケづくり
  • 本の場所を尋ねる
  • オススメの本を紹介
  • 近くで同じ本を読む
ミノル
ミノル
本という同じ趣味をキッカケにして挨拶・会話を繋げて女性と仲良くなっていくのが図書館ナンパでの王道パターンになります。

図書館でナンパする時の注意点

図書館ナンパの注意点
図書館は多くの人がいますし、大きな声を出すと注意を受ける可能性もあります。

本来、図書館はナンパとは対照的な落ち着いた場所。

それを踏まえた上で声をかけるようにしないとナンパは成功しませんので注意しておきましょう。

出会い目的の人はいないので難易度は高め

図書館に行く人は、何かしらの目的があって通っています。

勉強・資格・読みたい本があるなど、それぞれ目的があるのでナンパに構っている時間はないという人もいます。

また場所的にナンパが苦手な人も大勢います。

もちろんナンパされる為に図書館に行く人は少ないですから、ナンパ成功率は高くありません。

街中で声をかけるよりもハードルは高く、「難易度が高い」ということは理解しておきましょう。

ソウタ
ソウタ
うまくハマれば成功しますが、断られる可能性も高いです。
いかにナンパを匂わせないかがコツになります。

図書館の外で声掛けしない

図書館でのナンパは図書館だけにしておくのがおすすめ。

好みのタイプを見つけたからと後をつけて図書館を出てから声をかける人もいますがそれはNGです。

図書館という空間だからこそ、出会いを自然に演出できるます。

しつこく外で声をかけてしまうとそれは普通のナンパと変わりありません。

ミノル
ミノル
酷いとストーカー扱いされることも。

相手を怖がらせてしまうこともあり、もう二度とその図書館には来なくなる可能性もあります。

あくまで自然を装ってのナンパがオススメなので、外にまで付いていくのは止めましょう。

多くの図書館では私語厳禁

図書館は静かに本を読む場所です。

基本的に私語厳禁なので、図書館の中で声を上げて喋ることはできません。

少し挨拶や会話をする程度なら問題ありませんが、例え仲良くなれたとしても図書館で声を張るのは辞めましょう。

ソウタ
ソウタ
うるさいとナンパ以前に会話がしにくい状況が生まれてしまいます。

まずは挨拶ができる関係を目指し、仲良くなれたら共通の本の話題を出しつつ、カフェなどに誘うようにしてください。

本に詳しくない人は、本について教えてもらう前提で図書館から連れ出すようにしましょう。

図書館ナンパならではの注意点まとめ
  • 図書館ナンパは基本的に難易度高め
  • 『うるさい』はご法度
  • 図書館の外まで追いかけない

図書館でナンパをするメリット

図書館ナンパのメリット
図書館は静かな場所でナンパには不向き点もあります。

ですがそれだけではなく、図書館ならではの独自のメリットもあります。

ここでは通常の路上ナンパと違ってどんな利点があるのか詳しく解説していきます。

お金がかからない

図書館は公立のものが多いので無料で入ることができます。

本を借りるのも無料ですし、タダで出会いを探すことができます。

お店に入ってナンパするのであればお金がかかりますから、ナンパ成功させないとお金と時間が無駄になってしまいます。

ソウタ
ソウタ
ストナンも同様にお金は掛かりませんが、女性側がナンパと警戒しているので図書館より難易度は高め。

図書館であればナンパする相手を探す間は本を読むこともできますし、無駄な時間が少なくお金もかかりません。

交通費がかかることもありますが、徒歩や自転車で行ける場所にあれば完全に無料でナンパをすることができます。

知的な人と出会える

居酒屋であればノリの良い人、バーであれば大人などスポットごとにいる人の層が変わります。

図書館には様々な人がいますが、知的な人が多いのも特徴です。

資格を取るにしても勉強をしているにしても、趣味で本を読んでいるにしても本好きな人は全体的に知的。

勉強熱心で真面目な人が多く夢に向かっている人や努力家、真面目な人など人として尊敬できる部分がある人が多いです。

知的な人がタイプの人には絶好のナンパ場所です。

ミノル
ミノル
ストナンや居酒屋ナンパと比べて落ち着きや清楚さが良いならオススメ

本好きなら趣味を共有できる

本を全く読んだことがなく、図書館の空気も苦手という人もいますが、そうでないなら図書館でのナンパはメリットが多いです。

本が好きな人なら図書館に行くこと自体に抵抗がないのでナンパもしやすいですし、相手も本が好きなので同じ趣味を共有できます。

ソウタ
ソウタ
同じ趣味があるってだけでナンパでは有利。
話も繋げやすいので気楽です。

ナンパをすると仲良くなるために場を盛り上げる必要もありますが、本のことを話せばいいので会話にも困りません。

同じ趣味の友達を作る感覚でナンパをすることができます。

出会える年齢層が幅広い

図書館にいる年齢層は幅が広いです。

子供からお年寄りまで行く場所なので、特定の層を狙いたい人から幅広く狙いたい人までナンパすることができます。

同年代はもちろん、年上好き・熟女好きの人にもおすすめ。

図書館なので一般的なナンパスポットのように気合を入れてファッションをキメていく必要もありません。

若者限定の場所ならオシャレにも気をつかう必要がありますが、そんなことはないので気楽。

ミノル
ミノル
年齢層が広いと目星もつけやすく、ナンパする側も楽になります。
図書館ナンパのメリットまとめ
  • お金は掛からない
  • 落ち着いた人・知的な人を狙うならオススメ
  • 趣味を共有できて話も弾みやすい
  • 出会える年齢層も幅広い

図書館より出会える!出会い系サイトでのネットナンパ

図書館でのナンパは知的な人に出会える、自然な出会いを演出できるといったメリットがあります。

普段とは違うタイプの人とも出会えますが、「出会いの数を増やしたい」というのであれば出会い系を使ってナンパするのがおすすめ。

出会い系はネットを使うので人数が多く、検索機能を使えば好みのタイプだけを割り出すこともできます。

ソウタ
ソウタ
そもそも出会い系に登録しているならそれは出会いを求めている人。
図書館でのナンパに比べると成功確率もグンと高くなります。

サイトの検索機能を使って地域・容姿のタイプ・年齢・趣味など様々な女性が見つかりますし、1度に多くの人とやりとりできるので効率も良いです。

図書館でのナンパも良いですが、平行して出会い系も使っていくようにしましょう。

RELATED POST